知識と技術を習得する方法

ゲームクリエイターになるためには、特別な資格が絶対に必要というわけではありません。ゲームメーカーに就職してから、仕事をこなしながらゲームクリエイターに必要な知識を身に付けるのが一般的です。専門的な知識を身に付けたいときは、専門学校などで学ぶことができます。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

仕様書通りに動くようプログラムを作成する

ゲームプログラマーはクリエイターの一種であり、専門言語を用いながらゲームの企画書や仕様書に合わせて動くことができるように、プログラムを組んでいくのが主な仕事になります。プログラマーは開発言語を駆使して、音楽や映像といったゲームを構成する要素を取り入れ、作品を作り上げていくのです。

ゲーム制作に必要な構成などを組み立てる

ゲームはさまざまな職種の人がかかわって完成されます。ゲームクリエイターは、作品の構成やシナリオ、効果音やBGM、キャラクターの考案などさまざまな要素を組み合わせて一つの作品を作り上げるのです。ゲーム制作に関連するさまざまな職種のことを総称してゲームクリエイターと呼んでいます。

プロに教えてもらう方がベスト

ゲームクリエイターになるための知識を身に付けたいときは、プロに教わるのが一番です。プロは、ゲームを作るのに必要となる専門知識を知っているだけでなく、今までの経験から、実践的なテクニックについてよく理解していますので、実務で役立つ知識やスキルを教えてもらえる可能性が高いのです。今は、専門学校でもプロの方が講師として、生徒に教えています。将来ゲームクリエイターを目指すなら、こういったところで学ぶといいでしょう。

ゲームクリエイターで人気の職種

勉強道具
no.1

プロデューサー

ゲーム制作には大勢のスタッフの力が必要です。ゲームを制作する際に必要となる予算管理や、ゲーム制作に携わるスタッフを収集したり、作業を分担したり、ゲーム制作に関するスケジュールを管理したりと、スムーズにゲームが製作できるようにチーム全体をまとめるなど、包括的なサポートを行います。

no.2

ディレクター

ゲーム制作のスケジュールを基にしながら、予定通りに作業が進んでいるかどうかを把握し、作業が円滑に進むように指示を出したり、必要に応じて修正指示を出したりします。さらには、ゲームが企画通りに制作できているか、品質の管理も併せて行っています。納期に間に合わせられるように、現場全体をみる必要があるため責任は重いです。

no.3

プランナー

新しいゲームを作るときに、ゲームの内容やキャラクター、構成などのアイデアを出す人のことです。人気のあるゲームを作るためには、その時のトレンドや、どういったゲームが流行りそうなのかといったマーケティングのスキルを活かしながら、企画書を作成することが求められます。

ゲームクリエイターへの近道【専門学校で資格取得を目指す】

ゲーム機

専門学校で資格を取得しておこう

ゲーム業界は就職先として人気が高く、採用数が限られていますので、就職を希望する会社によってはかなり狭き門となるでしょう。ゲーム制作会社に入社してから、専門的な知識を学ぶこともできるのですが、ゲーム制作に関する知識を持っていたほうが、就職時に有利に働くことがあるのです。ゲーム制作に関する専門的なスキルや知識は、専門学校にて習得できます。ゲームクリエイターとして働くときに役立つ資格を取る準備もできますから、通って上を目指していきましょう。

グラフィックデザインの専門学校へ進学したいなら必見!

広告募集中